悪玉菌とは?体に害をあたえるの?

MENU

悪玉菌とは?体に害をあたえるの?

メディアの普及により、私たちは多くの専門的な情報を得る機会に恵まれた時代になりました。善玉菌と悪玉菌という言葉も、こうしたメディアの普及によって多くの人が見聞きしたことのある言葉の一つでしょう。

 

善玉菌とは、言うまでもなくその言葉通りで、身体に対して良い働きをする菌類をさします。人間や動物の体内にはあらゆる菌類が生息し、本体の私たち動物と共存しています。その中でも代表的な例が、腸内に生息しているビフィズス菌でしょう。ビフィズス菌は乳酸菌の一種で、これらの菌類が増えることにより、腸内の健康が保たれていると言われています。

 

また、それらの善玉菌とは反対に、身体に対して悪い作用をもたらす菌類のことを悪玉菌と呼びます。悪玉菌もたとえば腸内に生息する善玉菌のビフィズス菌のように、同じ腸内に生息していたりします。これらの悪玉菌は、たとえば腸を何らかのウイルスやストレスなどで炎症を起こしたときに増殖して善玉菌を追いやってしまう傾向があります。こうなると腸内の環境は乱れて正しく機能しなくなり、身体を大きく壊してしまう原因にもなるのです。

 

腸内にはもう一つの菌類も生息してて、それらは日和見菌と呼ばれています。日和見とは、有利なほうに付くという意味を持っていますが、これらの菌は普段の正常な環境下では良い事もしなければ悪いこともしないという何でもない菌として生息しているのです。

 

しかし、日和見という名前から想像できるとおり、この菌は悪玉菌が優勢の環境になった際に悪玉菌と同じような働きをする菌類が含まれています。これらのことから、いかに体内環境を整えることが重要かがわかると思います。